不思議な五人の小人

  • A+
所属分类:日语阅读

 むかしむかし、ある小さな村に、グリーシという若者がすんでいました。

 グリーシは、いつもどこか遠くへ旅がしたいと思っていました。
 今日もグリーシは、村はずれの古いとりでの上で、ぼんやり海の向こうをながめていました。
 グリーシが帰ろうと腰を上げた時、とりでの中から、笑い声が聞こえてきました。
 のぞいて見ると、小人たちです。
 親分らしい小人が、声をはりあげました。
「おれの馬! おれのたづな! おれのくら!」
 すると、小人の前に馬が現れたのです。
 グリーシも、さっそくまねてみました。
「おれの馬! おれのたづな! おれのくら!」
 やっぱり、馬が現れました。
「こいつは、おもしろい」
 グリーシは小人たちにならって、馬にのりました。
 馬は、ぐんぐん走り出しました。
 海辺につくと、小人たちがさけびました。
「とべ!」
 グリーシも、まねてさけびました。
「とべ!」
 まるで羽が生えたように、馬は空をとびました。
 海も、山も、ひとっとびです。
 グリーシは、下に見えるお城がフランスの王さまのお屋敷と聞いて、びっくりしました。
「もう、こんなに遠くまで、来てしまったのか!」
「いいか、グリーシ。おれたちについて来たからには、きもっ玉をすえて、よく聞け。あそこから、お姫さまをさらうのさ!」
「ええっ!」
「今日は、結婚式だ。お姫さまは、きらいな男と結婚させられるから悲しんでいる。だから助けてやるんだ」
 小人も、馬も、人間の目には見えないらしく、無事にお城へのりこむことができました。
 中ではちょうど、結婚式の最中でした。
 グリーシはお姫さまをひと目見て、すっかり好きになってしまいました。
 それで、
「さらえ!」
と、いう声を聞くと、一番先にお姫さまをさらいました。
 おどろきあわてる王さまたちをあとに、馬はアイルランドへもどって行きました。
 親分が、にやりとわらって言いました。
「グリーシ、ご苦労」
 とりでについて、グリーシはたずねました。
「これから、お姫さまをどうするんだい?」
「決まっている。おれのお嫁さんにするのだ」
「なんだって!」
 ようやくグリーシにも、小人のたくらみがわかりました。
 うつくしいお姫さまを、よこどりしようというのです。
「そんなことをさせるものか!」
 グリーシは、とっさに胸の十字架をつき出しました。
 これには、小人たちもかないません。
「うー、苦しい。そいつをどけろ!」
 小人の親分が逃げる時、お姫さまの頭をたたいて言いました。
「お返しに、口がきけなくしてやったぞ!」
 小人が言った通り、お姫さまは口がきけなくなりました。
「大変なことになってしまった。いったいどうしたらいいのだろう」
 こまったグリーシは、牧師さんに相談しました。
 わけを聞いた牧師さんは、お姫さまの世話を、こころよく引きうけてくれました。
「なんとかして、元通り、しゃべれるようにならないものだろうか」
 グリーシは一生懸命働いて、お金をためて、国中の医者にお姫さまをみてもらいました。
 でも、みんな首をよこにふるばかりです。
 ある日、グリーシがとほうにくれて、とりでの上で考えていると、またあの声が聞こえてきました。
「おれの馬! おれのたづな! おれのくら!」
 グリーシも、まねてみました。
「おれの馬! おれのたづな! おれのくら!」
 それを知った小人たちは、グリーシに言いました。
「そうそう、きさまに、まねをされてたまるか!」
 小人たちの馬は現れても、グリーシの馬は現れません。
「おれたちは、お前みたいなまぬけじゃないんだ」
「そうとも!」
 小人たちは、口ぐちにからかいました。
「お姫さまは、しゃべれるようになったかい?」
「あははは。なるもんか。方法は、たった一つしかないんだからな」
「そう、そう。こいつの家の入り口に生えている草を飲めば、なおるのに」
「そんなことさえわからずに、まごまごしてる」
「まったく、人間なんてあほうぞろいだ」
「あっはっはっは」
 そう言うと、小人たちは笑いながら、とびさっていきました。
「そうか! 家の前の草を、飲ませればいいのか」
 グリーシは、さっそく草をせんじて、お姫さまに飲ませました。
 すると、お姫さまはふかいねむりにおちていきました。
「本当に、声が出るようになるだろうか」
 グリーシは、心配でたまりません。
 長い時間がすぎて、朝の光がお姫さまの顔にふりそそいだ時。
 お姫さまの目がパッとあいて、口がかすかにうごきました。
「グ、リ、イ、シ・・・」
 グリーシは、お姫さまをだきしめました。
「声が出た! お姫さまの声が出た!」
 喜ぶグリーシに、お姫さまはもう一度口を開きました。
「グリーシ。わたしは、あなたが大好きよ」
「お姫さま! よかった、本当によかった!」
 そして二人は、しあわせな結婚をしました。
weinxin
官方微信公众号
扫一扫关注官方微信公众号