ほらふき男爵 月へオノを取りに行く話

  • A+
所属分类:日语阅读

 わがはいは、ミュンヒハウゼン男爵(だんしゃく)。

 みんなからは、『ほらふき男爵』とよばれておる。
 今日も、わがはいの冒険話を聞かせてやろう。
 
 今日は、トルコヘ戦争に狩り出された時の話だ。
 強運で有名なわがはいでも、時には運に見放される事がある。
 わがはいは、うかつにもトルコ兵につかまると、どれいにされてしまったのじゃ。
 どれいのわがはいに与えられた仕事は、トルコ王の牧場のミツバチの見張り番だった。
 日がな一日、ミツバチのお守りをして、タ方になると巣箱へミツバチを連れ戻すという、なんとも冒険家には似合わぬ仕事じゃ。
 
 あるタ方の事、ミツバチの数をかぞえると、一匹だけ帰っておらん。
 そこで行方を探してみれば、二頭のクマが今しも、そのミツバチを食らおうとしているところだった。
 一匹でもミツバチを失うと、後でひどいおしおきが待っている。
 そこでわがはいはとっさに腰へ手を伸ばすと、腰にぶら下げている銀のオノをクマたちめがけて投げつけたのじゃ。
 ところがオノは狙いをはずして上へ上へと空高くまいあがると、何とお月さまに突き刺さってしまったのだ。
 さいわいクマはミツバチを放り出して逃げてくれたが、次はオノを取り戻さなくてはならない。
 だが手を伸ばそうにも、お月さまはあまりに高い。
「さて、どうしたものか?」
 考えながらふとポケットに手を入れ、ポケットにトルコ豆を入れていたのを思い出したのじゃ。
 このトルコ豆ときたら、伸びるのがいやにはやいからな。
 そこで足元の土にトルコ豆を植えると、トルコ豆はすぐに芽(め)を出し、ツルを伸ばし、あっという間に三日月のはじっこにからみついたのだ。
 おかげでわがはいは、ラクラクとお月さまへ到着した。
 
 ところがお月さまというところは、どこもかしこも銀色に輝いていて、銀のオノを探すのが一苦労。
 やっとの事で見つけ出し、さて地上へ帰ろうとすると、なんたる事か、トルコ豆のツルが太陽の熱で枯れておった。
 仕方なくわがはいは、お月さまで見つけたワラでロープをあみ、それを伝って地球まで降りる事にした。
 だが、ワラのロープは途中で長さが足りなくなったので、わがはいは少し降りると用済みのロープをオノで切っては下に継ぎ足し、また少し降りると用済みのロープをオノで切っては下に継ぎ足し、それを何度も何度もくり返して、あと地上まで四~五キロとなった時、わが頼みのロープがぷつんと切れて、わがはいはまっさかさまに大地に激突し、何十メートルも地中深くめり込んでしまった。
 
 あの時は、本当に痛かったぞ。
 そして深い穴から、どうやってはいあがろうかと腕を組んだ時に目についたのが、生まれて四十年のばし続けていた、わが長つめじゃ。
 
 わがはいはこれで穴の壁に階段をきざみ、無事に地上へ戻ったのだ。
 
 『お月さまに行くことがあったら、くれぐれも長いロープを忘れずに』
 これが、今日の教訓だ。
 
 では、また次の機会に、別の話をしてやろうな。
weinxin
官方微信公众号
扫一扫关注官方微信公众号