悪魔

  • A+
所属分类:日语阅读

 その湖は、北の国にあった。広さはそれほどでもないが、たいへん深かった。しかし、いまは冬で、厚く氷がはっていた。

 エス氏は休日を楽しむため、ここへやってきた。そして、湖の氷に小さな丸い穴をあけた。そこから糸をたらして、魚を釣ろうというのだった。だが、なかなか魚がかからない。
「おもしろくないな。なんでもいいから、ひっかかってくれ」
 こうつぶやいて、どんどん釣糸をおろしていると、なにか手ごたえがあった。
「しかし、魚ではないようだ。なんだろう」
 ひっぱりあげてみると、古いツボのようなものが、針にひっかかっていた。
「こんなものでは、しようがないな。捨てるのもしゃくだが、古道具屋へ持っていっても、そう高くは買ってくれないだろう。ひとつ、なかを調べてみるとするか」
 なにげなくフタを取ると、黒っぽい煙が立ちのぼった。あわてて目を閉じ、やがて少しずつ目をあけると、ツボのそばに、みなれぬ相手が立っている。色の黒い小さな男で、耳がとがっていて、しっぽがあった。
「いったい、なにものだ」
 エス氏がふしぎそうに聞くと、相手はにやにや笑ったような顔で答えた。
「わたしは悪魔」
「なるほど。本の絵にある悪魔も、そんなかっこうをしていたようだ。しかし、本当にいるとは思わなかったな」
「信じたくない人は、信じないでいればいい。だが、わたしはちゃんと、ここにいる」
 エス氏は何度も目をこすり、気持ちをおちつけ、おそるおそる質問した。
「なんで、こんなところに、あらわれたのです」
「そのツボにはいり、湖の底で眠っていたのだ。そこを引っぱりあげられ、おまえに起こされたというわけだ。さて、久しぶりに、なにかするとしようか」
「どんなことが、できるのです」
「なんでもできる。なにをやってみせようか」
 エス氏はしばらく考え、こう申し出た。
「いかがでしょう。わたしにお金を、お与え下さいませんか」
「なんだ。そんなことか。わけはない。ほら」
 悪魔は氷の穴に、ちょっと手をつっこんだかと思うと、一枚の金貨をさし出した。
 あっけないほど簡単だった。エス氏が手にとってみると、本物の金貨にまちがいない。
「ありがとうございます。すばらしいお力です。もっといただけませんでしょうか」
「いいとも」
 こんどは、ひとにぎりの金貨だった。
「ついでですから、もう少し」
「よくばりなやつだ」
「なんと言われても、こんな機会をのがせるものではありません。お願いです」
 エス氏は何回もねばり、悪魔はそのたびに金貨を出してくれた。そのうち、つみあげられた金貨の光で、あたりはまぶしいほどになった。
「まあ、これぐらいでやめたらどうだ」
 と悪魔は言ったが、エス氏は熱心にたのんだ。こんなうまい話には、二度とお目にかかれないだろうと考えたからだ。
「そうおっしゃらずに、もう少し。こんど一回でけっこうです。ですから、あと一回だけ」
 悪魔はうなずき、また金貨をつかみ出し、そばに置いた。
 その時、ぶきみな音が響きはじめた。金貨の重みで、氷にひびがはいりはじめたのだ。そうと気づいて、エス氏は大急ぎで岸へとかけだした。
 やっとたどりつき、ほっとしてふりかえってみると、氷は大きな音をたてて割れ、金貨もツボも、かん高い笑い声をあげている悪魔も、みな湖の底へと消えていった。
weinxin
官方微信公众号
扫一扫关注官方微信公众号
  • 版权声明:本站原创文章,于2020年7月13日07:04:22,由 发表,共 1344 字。
  • 转载请注明:悪魔 | 五十音图