新発明のマクラ

  • A+
所属分类:日语阅读
「やれやれ、なんとか大発明が完成した」
 小さな研究室のなかで、エフ博士は声をあげた。それを耳にして、おとなりの家の主人がやってきて聞いた。
「なにを発明なさったのですか。見たところ、マクラのようですが」
 そばの机の上に大事そうに置いてある品は、大きさといい形といい、マクラによく似ている。
「たしかに、眠る時に頭をのせるためのものだ。しかし、ただのマクラではない」
 と、博士はなかをあけて、指さした。電気部品が、ぎっしりとつまっている。おとなりの主人は、目を丸くして質問した。
「すごいものですね。これを使うと、すばらしい夢でも見られるのでしょうか」
「いや、もっと役に立つものだ。眠っていて勉強ができるしかけ。つまり、マクラのなかにたくわえてある知識が、電磁波の作用によって、眠っているあいだに、頭のなかに送りこまれるというわけだ」
「なんだか便利そうなお話ですが、それで、どんな勉強ができるのですか」
「これはまだ試作品だから、英語だけだ。眠っているうちに、英語が話せるようになる。しかし、改良を加えれば、ほかの勉強にも、同じように使えることになるだろう」
「驚くべき発明ではありませんか。どんななまけ者でも、夜、これをマクラにして寝ていさえすれば、なんでも身についてしまうのですね」
 おとなりの主人は、ますます感心する。博士は、とくいげにうなずいて答えた。
「その通りだ。近ごろは、努力をしたがらない人が多い。そんな人たちが、買いたがるだろう。おかげで、わたしも大もうけができる」
「ききめが本当にあるのなら、だれもが欲しがるにきまっていますよ」
「もちろん、ききめはあるはずだ」
 おとなりの主人は、それを聞きとがめた。
「というと、まだたしかめてないのですか」
「ああ、わたしはこの研究に熱中し、そして完成した。しかし考えてみると、わたしはすでに英語ができる。だから、自分でたしかめてみることが、できないのだ」
 と、博士は少し困ったような顔になった。おとなりの主人は、恥ずかしそうに身を乗り出して言った。
「それなら、わたしに使わせて下さい。勉強はめんどくさいが、英語がうまくなりたいと思っていたところです。ぜひ、お願いします」
「いいとも。やれやれ、こうすぐに希望者があらわれるとは、思わなかった」
「どれくらい、かかるのでしょうか」
「一ヵ月ぐらいで、かなり上達するはずだ」
「ありがとうございます」
 と、おとなりの主人は、新発明のマクラを持って、うれしそうに帰っていった。しかし、二ヵ月ほどたつと、つまらなそうな顔で、エフ博士にマクラを返しにきた。
「あれから、ずっと使ってみましたが、いっこうに英語が話せるようになりません。もう、やめます」
 博士はなかを調べ、つぶやいた。
「おかしいな。故障はしていない。どこかが、まちがっていたのだろうか」
 だが、ききめがなければ、使い物にならない。せっかくの発明も、だめだったようだ。
 それからしばらくして、エフ博士は道でおとなりの女の子に会った。声をかける。
「そのご、おとうさんはお元気かね」
「ええ。だけど、ちょっとへんなことがあるわ。このごろ、ねごとを英語で言うのよ。いままで、こんなことなかったのに。どうしたのかしら」
 眠っているあいだの勉強が役に立つのは、やはり、眠っている時だけなのだった。
weinxin
官方微信公众号
扫一扫关注官方微信公众号