【あかつきに帰らむ人は】 ~第六十三段

  • A+
所属分类:日语阅读

   あかつきに帰らむ人は、装束などいみじううるはしう、烏帽子の緒(を)、元結(もとゆひ)、かためずともありなむとこそ覚ゆれ。いみじくしどけなく、かたくなしく、直衣(なほし)・狩衣(かりぎぬ)などゆがめたりとも、誰(たれ)か見知りて笑ひそしりもせむ。

 
 人はなほあかつきのありさまこそ、をかしうもあるべけれ。わりなくしぶしぶに起きがたげなるを、しひてそそのかし、「明けすぎぬ。あな、見ぐるし」など言はれて、うちなげくけしきも、げにあかず物憂くもあらむかしと見ゆ。指貫(さしぬき)なども、ゐながら着もやらず、まづさしよりて、夜言ひつることの名残、女の耳に言ひ入れて、何わざすともなきやうなれど、帯など結ふやうなり。格子おし上げ、妻戸ある所は、やがてもろともに率(ゐ)ていきて、昼のほどのおぼつかならむことなども、言ひいでにすべりいでなむは、見おくられて名残もをかしかりなむ。
 
 思ひ出所ありて、いときはやかに起きて、ひろめきたちて、指貫の腰ごそごそとかはは結ひなほし、上のきぬも、狩衣、袖かいまくりて、よろとさし入れ、帯いとしたたかに結ひはてて、ついゐて、烏帽子の緒きとつよげに結ひ入れて、かいすうる音して、扇・畳紙(たたうがみ)など、よべ枕上(まくらがみ)におきしかど、おのづから引かれ散りにけるをもとむるに、くらければ、いかでかは見えむ。いづらいづらとたたきわたし、見出でて、扇ふたふたとつかひ、懐紙(ふところがみ)さし入れて、「まかりなむ」とばかり言ふらめ。
 
(現代語訳)
 
 明け方に女の所から帰ろうとする男は、服装などえらくきちんとして、烏帽子の緒や髪の元結を固く結ばなくてもよさそうに思える。かなりだらしなく、ぶざまに、直衣や狩衣などがゆがんでいても、誰が見知って笑ったり悪口を言ったりしようか。
 
 男は、やはり、明け方の別れのありさまこそが風流であるべきだ。やたらしぶって起きにくそうにしているのを、女が無理にせかし、「明るくなり過ぎましたよ。まあ、みっともない」などと言われて、ため息をつくようすも、ほんとうに名残惜しくて別れが辛いのだろうと見える。指貫なども、座ったままで着ようともせず、まずは女に近寄って、夜の話の続きを耳元にささやき、特に何をするふうでもなく、帯などを結んでいるようだ。格子を上げたり、妻戸のある所に、そのまま女をいっしょに連れていき、昼間の待ち遠しいことなども言いながら、そっと出て行くようすは、女も自然に見送ることになって、名残も趣きがあるものだ。
 
 かたや、思い出す所があり、たいそうさっぱりと起き出し、ばたばたと動き回り、指貫の腰紐をがさがさと結び直し、袍や狩衣も袖をまくり上げて、さっさと腕を通し、帯をとても強く結んで、ひざまずいて烏帽子の緒をきゅっと強めに結び、かき寄せる音がして、扇・畳紙など昨夜枕元に置いて自然に散らかったのを探すのだが、暗いので見えはしない。どこだどこだと探し回って、やっと探し出し、扇をぱたぱたと使い、懐紙を懐中に入れながら、「帰るよ」とだけ言うような男もいる。
weinxin
官方微信公众号
扫一扫关注官方微信公众号