『論語』の述而篇-07

  • A+
所属分类:日语阅读

[白文]7.子曰、自行束脩以上、吾未嘗無誨焉。

 
[書き下し文]子曰く、束脩(そくしゅう)を行うより以上は、吾未だ嘗て(いまだかつて)誨えること無きにあらず。
 
[口語訳]先生が言われた。『一束の乾し肉を携えて入門してきた弟子に対して、私が学問や道徳を教えて上げないということはなかった。』 
 
[解説]束脩(そくしゅう)というのは、師匠に教えを請う時に礼節としてお贈りする『一束の乾し肉』のことであり、孔子は弟子が礼を尽くせばそれに応えないということはなかったのである。
weinxin
官方微信公众号
扫一扫关注官方微信公众号