『論語』の雍也篇-26

  • A+
所属分类:日语阅读

[白文]26.宰我問曰、仁者雖告之曰井有仁焉、其従之也、子曰、何為其然也、君子可逝也、不可陥也、可欺也、不可罔也。

 
[書き下し文]宰我(さいが)、問いて曰く、仁者はこれに告ぐるに井(せい)に仁ありと曰うと雖も、それこれに従わんか。子曰く、何為れぞ(なんすれぞ)それ然らんや。君子は逝かしむべきなり、陥らしむべからざるなり。欺くべきなり、罔し(あやうし)ことあるべからざるなり。
 
[口語訳]宰我(さいが)がお尋ねして言った。『仁者は、(嘘であっても)井戸の中に人が落ちたと聞けば、即座に井戸に飛び込むでしょうか。』。孔子がお答えして言われた。『どうしてそんなことをするだろうか。君子であればそこまで行かせることはできるが、井戸の中にまで落とすことは出来ない。君子を騙すことはできるが、状況を確認しないままに飛び込むような無知には出来ない。』 
 
[解説]孔子は姑息な才知と弁論に優れた宰我を余り気に入っていなかったといわれるが、宰我は孔子を困らせるような質問を意図的にするような性質があったという。この章句の質問も、他人への思いやりが深い仁者であれば、『井戸に誰かが落ちている』という噂を聞けば、すぐにその井戸に飛び込むべきなのでしょうかという孔子の仁徳の賢明さを試す質問をしている。しかし、孔子は、仁者とは愚者のことではないとして、『井戸に本当に人間が落ちていれば飛び込むが、状況を正確に理解せずに無闇やたらに飛び込むものではない』という説明をしている。狡知と弁論の才能に秀でた人であれば、仁者を一時的に騙して欺くことはできるかもしれない。しかし、たとえ仁者が騙されて井戸まで連れていかれたとしても、井戸の内部の状況(人間の有無)を確認せずにいきなり飛び込ませられるようなことはないということである。
weinxin
官方微信公众号
扫一扫关注官方微信公众号