第十九章:中国考古~敦煌莫高窟

  • A+
所属分类:日语阅读

 中国北西部にある敦煌莫高窟は巨大な芸術宝庫で、中国の4大石窟の中で最も大きく、最も充実している石窟です。中国1000年近くの石彫り芸術を反映し、世界で最も規模が大きく、最も完璧に保存されている仏教遺跡です。 

 
 中国北西部の甘粛省敦煌市の郊外には、「鳴沙山」という山があり、この山の東の断崖南北2キロ近くのところで上下5階に分けられ、無数の洞窟となっています。これらの洞窟は上下に排列され非常に壮観です。これが世界で有名な敦煌莫高窟。 
 
 莫高窟は紀元366年から形成されました。ある日、法号が楽尊という僧侶が敦煌にやって来て、鳴沙山の頂上にある金色の光の中の千万の仏を見て、心の中で、「ここはきっと聖地だ」と思ったということです。そして、崖の壁に初めて仏洞を彫りました。その後、歴代の建造を経て洞窟は絶えず増えていき、7世紀の唐の時代になって、莫高窟にはすでに1000余りの仏洞となった。従って莫高窟は「千仏洞」とも呼ばれています。 
 
 莫高窟は古代建築、壁画、彫刻を一体とする芸術宮殿であり、各時代の人々は洞窟を掘る時、洞窟の内に多くの仏像を彫塑し、数多くの壁画を描きました。歴史の移り変わりを経て人為的な破壊を受けたにもかかわらず、今でも500の洞窟、約5万平方メートルの壁画と2000基余りの塑像が保存されています。その塑像、服飾と芸術は、それぞれは異なり、それぞれの時代の特色を反映しています。莫高窟の壁画は、壮観でこれらの壁画を一つ一つ連結すると、長さ30キロになります。 
 
 敦煌莫高窟は中国の辺鄙な地域にあるため、百年もの間、人々の注目を集められませんでした。しかし、20世紀初期、その神秘な書庫の発見により、莫高窟の巨大で貴重な所蔵は世界を驚かせ、また、これにより中国近代史上で最も損失がひどい文物流失の災難に遭う。 
 
 1900年、莫高窟を管理した王道士は積もった砂をきれいにした時、偶然に一つの密室を発見しました。この密室はその後「蔵経洞」と呼ばれる。長さ広さがそれぞれ3メートルの小さな洞窟内に、経文書、織繍、絵画、仏像の絹の幡(旗)、拓本などがいっぱいで、およそ5万点。これらの文物の年代は紀元4世紀から11世紀までで、内容は中国、中央アジア、南アジア、ヨーロッパなどの歴史、地理、政治、民族、軍事、言語文字、文学芸術、宗教、医薬科学技術など、あらゆる分野を含み「中古時代の百科全書」と称えられています。 
 
 王道士は蔵経洞を発見した後、その一部の文物を持ち出して利益にしました。これらの貴重な文物が民間に伝えられたことで、世界各国の探検家が訪れるようになりました。当時の清政府は無能だったため、ロシア、イギリス、フランス、日本、アメリカなど国の「探検家」が、敦煌から4万巻の経書と大量の珍重な壁画、彫塑を盗み、莫高窟に巨大な被害をもたらしました。現在、イギリス、フランス、ロシア、インド、ドイツ、デンマーク、スウェーデン、韓国、フィンランド、アメリカなどの国ではいずれも、敦煌の文物を収蔵しており、その総数は莫高窟蔵経洞の文物の3分の2をも占めている。蔵経洞の発見に従って、多くの中国学者は非常に困難な条件の下で、敦煌文書の研究をはじめました。1910年、中国ではじめての敦煌文書を研究する著書が出版され、「世界顕学」と呼ばれる敦煌学が創設されました。数十年来、世界各国の学者は敦煌の芸術に深く興味を示し、絶えず研究を行ってきました。中国の学者は敦煌学の研究面ですでに大きな研究成果を上げています。敦煌莫高窟は、中国文化の宝庫として、中国政府はその保護活動を非常に重視し、1950年、中国政府は莫高窟を初めての全国重点文物保護単位に指定し、1987年、ユネスコ・国連教育科学文化機関に世界文化遺産リストにランクされました。今、莫高窟の奥にある三危山の麓に、敦煌幻術陳列センターがあり、一部元の洞窟を模造し、洞窟内の文物を保護すると同時に、観光客の見学範囲も広がりました。海外の観光客から、「莫高窟は、世界で既存の最も偉大なる仏教美術の宝庫である」と評価されています。 
weinxin
官方微信公众号
扫一扫关注官方微信公众号