第四章:外交~1.外交の概況

  • A+
所属分类:日语阅读

 1.外交の概況 

 
 1949年に中華人民共和国が成立し、中国の外交関係は新しい1ページを開いた。 
 
 1950年代末までに、中国は旧ソビエトなど社会主義諸国と外交関係を結び、友好な協力関係を発展させた。1955年インドネシアのバンドンでアジア・アフリカ会議が開催された後、中国はアジア、アフリカの一部国家と国交関係を樹立した。1956年までに中国と国交を樹立した国は25カ国となった。 
 
 1950年代後半から60年代末までに、中国はギニア、ガーナ、マリ、コンゴ、タンザニアなどの国と友好条約や経済技術協力協定を結び、アンゴラ、ギニアビサウ、モザンビーク、ジンバブエ、ナミビアなどの国の独立闘争と南アフリカの反アパルトヘイト闘争を支持したほか、ミャンマー、ネパール、モンゴル、アフガニスタンと国境画定協定を締結した。更に「中国新疆ウイグル自治区とパキスタン軍実効支配区域との国境確定協定」に調印し、インドネシアと華僑の二重国籍問題を解決した。1969年までに中国と国交を樹立した国は50カ国に達した。 
 
 1971年10月、新中国は外交において画期的な転換期を迎えた。第26回国連総会では数多くの発展途上国の支持を得て、圧倒的賛成多数で2758号決議が採択された。それによって、国連における中華人民共和国の全ての合法的権利が回復されたと同時に、台湾当局の代表が国連及び全ての国連機関から即時に追放された。その後、大多数の西側諸国が中国と外交関係を結び、新中国成立後3回目の国交樹立のピークを迎えた。 
 
 1970年代末からの10年間、鄧小平外交思想の指導に基づき、中国はアメリカ、日本、西欧諸国と正常な関係を発展させ、旧ソビエトとの関係を改善し、第3世界諸国との関係を全面的に発展させると共に、周辺諸国及び広範な発展途上国との関係を改善、発展させた。 
 
 香港、マカオ問題の解決で中国政府はイギリス、ポルトガル政府と外交交渉を行い、中英共同声明と中葡共同声明がそれぞれ1984年12月と1987年4月に発表された。それによって香港とマカオの主権がそれぞれ1997年7月1日と1999年12月20日に中国に返還されることが確認された。 
 
 1990年代からは江沢民同志を核とする中国第3世代の指導グループが鄧小平外交思想と独立自主の平和的外交政策の継承と創造を徹底すると共に、平和共存五原則に基づいて世界各国との友好協力関係の発展を積極的に追求し、国際的な政治経済の新たな秩序の確立を共同で推進してきた。インドネシアと国交を回復し、シンガポール、ブルネイ、韓国の3ヵ国と国交を樹立したほかベトナム、モンゴルとの関係正常化を実現した。 
 
 江沢民国家主席が1996年に南アジアのインド、パキスタン、ネパールの3ヵ国を歴訪し、インドとパキスタンとの間にそれぞれ21世紀に向けた建設的パートナーシップを、ネパールとの間には世代友好善隣パートナーシップを確立した。また中国はアジア、アフリカ、ラテンアメリカ諸国、及び中東欧諸国との関係を積極的に発展させ、サハラ南部アフリカ諸国との関係を強固に増進させた。ラテンアメリカ諸国では19カ国が中国と国交を樹立した。国交のない一部の国は中国との関係発展を視野に入れつつある。 
 
 21世紀に入っても、世界は依然として平和と発展をテーマとしている。中国は、世界各国と共に「調和の取れた世界」を建設していく願いを表し、2005年9月、胡錦涛国家主席が国連本部で演説し、「調和の取れた世界」の基本概念を全面的に紹介した。 
 
 朝鮮核問題に積極的に対応するため、中国は朝鮮核問題をめぐる6カ国協議の開催を推進し、参加した。2003年4月、中国、朝鮮とアメリカによる北京での会談から2003年8月の中国、朝鮮、アメリカ、韓国、ロシアと日本による第1ラウンドの6カ国協議、そして2007年7月の第6ラウンドの6カ国協議まで、朝鮮半島の非核化の実現と情勢安定の維持のために、積極的で効果的な努力を払った。 
 
 中国は引き続き「隣国と善をなしパートナーとする」という隣国との外交方針を堅持し、他国または二国などのルートを通じて、周辺諸国の善隣友好と互恵協力を強化した。上海協力機構の加盟国として、中国は積極的に機構のシステム建設を推進し、安全や経済貿易などの分野における各加盟国の協力の拡大と深化を絶えず促進している。また中国は中ロ関係の発展を重視している。2001年、中ロ両国の元首は「中ロ善隣友好協力条約」に調印し、両国関係において重要な進展を得た。そして中ロ両国は世界の多極化の推進や国際事務における国連の主導的役割の維持、新たな国際政治経済秩序の建設などの面において密に協調すると共に、一部の重大な国際と地域問題において協力し、世界と地域の平和と安定を維持した。 
 
 中国は積極的にASEAN(東南アジア諸国連合)「10+1」、「10+3」や東アジアサミットなどの活動に積極的に参加している。中国とASEANの関係は全面的かつ深く発展していく良好な勢いを見せている。同時に、中国はアフリカを含む広範な発展途上国の友好協力を強化し、発展させている。中国は「中国・アフリカフォーラム」を主催し、中国とアフリカとの関係は新たな段階へと進んだ。 
 
 中米関係はこの時期安定して発展しており、両国は新型大国関係の建設を模索している。両国間のハイレベル訪問が頻繁に行われ、反テロ分野における両国の交渉と協力は絶えず強化され、両国の経済貿易関係も急速に発展した。2013年6月7日と8日の2日間、習近平国家主席は米カリフォルニア州のアネンバーグ別荘でオバマ大統領と会談した。会談で、両国の首脳は中米新型大国関係の構築を検討し、今後の両国関係の発展方向を明確にした。また中米による「太平洋を跨ぐ協力」の新たな1ページを開いた。 
 
 21世紀に入っても世界的問題は絶えず、地域的問題も世界に影響を与えている。中国は国連や、G20(主要20カ国)サミット、ダボス会議、アジア太平洋経済協力会議、ブリックス会議などの国際的舞台で活躍し、調和の取れた世界を構築するために絶えず努力している。
weinxin
官方微信公众号
扫一扫关注官方微信公众号