周日画家 周末议员

  • A+
所属分类:日语阅读

    40歳をすぎて画壇にデビューしたアンリ?ルソーを待っていたのは、酷評であった。「ルソー氏はラヴァル生(うま)れとのことだが、パリにやってくるより、そこに残って、キャベツでも植えていた方がよかっただろう」 

 
   40多岁才初入画坛的亨利?卢梭(Henri Julien Félix Rousseau)当时所拥有的尽是些严厉的批评。“卢梭先生出生在拉瓦尔(Laval),与其来巴黎闯荡,倒不如留在老家种种圆白菜更好” 
 
  近代美術史に異彩を放つ存在になるとは、批評家たちは夢にも思わなかったか。「人物をなぐり描きで描こうとした十歳の子供の作品だ」との評すらあった(岡谷公二〈おかやこうじ〉著『アンリ?ルソー 楽園の謎』)。当時の主流だった絵画とは、相当な距離があったのだろう。税関に勤めながら仕事の合間に描いていた彼は「日曜画家」であった.
 
 
  日曜大工、週末起業、週末アイドル……。本業以外の何かに打ち込むスタイルは様々だ。さてこれからは「週末議員」も誕生するか。そう思わせる動きが長野県喬木(たかぎ)村から出た 
 
  诸如,周日木匠、周末创业以及周末零工……,除了本职之外再干点什么的工作模式真是形形色色。而笔者想说的则是今后是否会出现“周末议员”的行当呢?让我产生如此想法的动向已经在长野县乔木村出现了。 
 
  村議会の日程を大きく改め、議員が村長らをただす一般質問は休日に、突っ込んだ議論をする常任委員会は平日午後7時からにする方針という。議員のなり手不足に悩み、仕事と議会活動の両立を探った結果だ 
 
  当地对于村议会的日程进行了大幅度的修改,听说方针是将议员质疑村长的一般性提问放到了休息日,而深入讨论问题的常任委员会改在了平时晚上7点开始。这是因为苦于缺乏当议员的人手,结果就找到了这个本职工作和议会工作两不误的方式。 
 
  苦肉の策に見えて、広く自治体の議会を変える妙案かもしれない。多くの地域で、自営業者や勤めを引退した人に議員が偏る傾向が見られる。子育て世代などが週末議員になれば、地方自治に新しい風が吹くのではないか 
 
  看似一种苦肉计,说不定还真是一个大范围改变自治体议会现状的绝妙方案呢。在很多地区往往倾向于请那些从自营业以及工作单位退下来的人担任议员。倘若那些尚且肩负着培育子女重任的一代人能够成为周末议员的话,必定会像一阵新风吹进地区自治的领域。 
 
  鮮やかな中に陰りがある。滑稽さに悲しみが宿る。見るたび引き込まれるルソーの奔放さは、日曜画家ゆえに生まれたか。週末の仕事、侮りがたし。自治の現場はどうだろう。 
 
  鲜活之中隐藏着哀伤,诙谐里透出一丝悲切。每每观赏时不免被深深吸引的卢梭的热情奔放,不正是缘自其周日画家的生涯吗?周末的工作不容小觑,不知自治工作的现场是又是一番什么样的光景呢? 
 
 
 
 
weinxin
官方微信公众号
扫一扫关注官方微信公众号