跨越青春 走向成熟

  • A+
所属分类:日语阅读

福島の18歳、渡辺智広さんが一票への心情を詠む。〈選挙権初めて投票してみたがまだ、私には早かったみたい〉。早くなんてないから、次もその次もぜひ投票してください。昨年も地震や豪雨が各地を襲った。〈台風来て電車止まると期待した小さい自分に被害で気づく〉と詠んだのは長野の高1佐々木優果(ゆうか)さんだ。

 
福岛县的18岁少年渡边智广作诗抒发了手中一票的心情。“初获选举权,虽跃跃欲试,但觉为时尚早”。下次以及下下次请务必投票,因为已经不小了。去年,地震和大雨袭击各地。“台风来袭轻轨停运,个人渺小,注意保护”,作者是长野县的高一学生佐佐木优果。
 
東洋大学が募る「現代学生百人一首」が30回を迎え、作品は累計130万首を超えた。今回の入選作を一部紹介したい。
 
东阳大学征集的“现代学生百人一首”活动迎来了第三十届,作品累计超过了130万首。在此,我想介绍一下本届的入选作品。
 
〈おもしろい友とのメールで「笑」の文字それ打つ自分笑っておらず〉高尾みずき。人付き合いで空気を読んで、もやもやするのは大人も変わらない。〈君からの通知がないか確かめる10分ごとに重なる指紋〉池内絵美香。スマホを手に、キュンとする。
 
“我有诙谐友,短信来聊天,‘笑’字刚选出,我已笑不停”,作者是高尾水木。通过与人交流来感受当时的氛围,有人即便成年了也还是一副迷糊样。“是否有通知,一心想确认,每隔十分钟,指纹解锁看手机”,这是池内绘美香的诗。她心情激动地按着手机。
 
夜明け前から頑張る。〈3時起き搾乳をしてしばれる手牛のぬくもり私のカイロ〉安藤朱生(しゅう)。何かと忙しいけれど、疲れをためすぎないで。〈目がうつろ磁石みたいに眠たくてSが机でNがおでこだ〉川波美咲。
 
从黎明开始努力。“三点起床挤牛奶,牛的体温即是我的暖宝宝”,安藤朱生吟到。虽然你很忙,但是也要注意休息,不要过度劳累。“眼似磁铁睁不开,桌上S变N”,这是川波美咲的诗。
 
相当すてきなおじいちゃんである。〈土曜授業いつも見に来るうちの祖父今じゃすっかりクラスの一員〉長嶋凜(りん)。親との距離が変わってゆく。〈両親と議論していて論破した次から誰を頼ればいいの〉赤羽(あかはね)佑太。
 
这是位非常了不起的老爷子。长岛凛吟道,“祖父爱学习,周六授课是常客,现今已成一分子”。与父母的距离也在逐渐拉长。“父母相谈破裂后,下次找谁较好呢”,这是赤羽佑太的诗。
 
孤独になり、迷い惑う時間も若者を強くする。〈誰もいないある教室で独学の辛(つら)い気持ちを鉛筆は見てる〉劉せいとう(りゅうせいとう)。〈くるくるとコーヒーカップに回されて起点を探す高一の夏〉関結月(ゆづき)。回り転がり、道はやがて見えてくる。
 
孤独、迷茫的时刻让年轻人强大起来。“教室空无一人。铅笔见证了我独自一人学习的艰辛”,这是刘Seitou同学的作品。“高一某夏日,转着咖啡勺,探寻起点中”,这是关结月同学的作品。转着转着,人生的道路自然就会出现。
 
weinxin
官方微信公众号
扫一扫关注官方微信公众号