同声传译 着实不易

  • A+
所属分类:日语阅读

「71年前、明るく雲一つない晴れ渡った朝、死が空から降りて」。広島でオバマ米大統領が演説を始めた時、東京都内にある英BBCの一室で通訳袖川裕美(そでかわひろみ)さん(59)は不安に包まれた。この文の主語は何か。格調をどう伝えるか。17分間、夢中で日本語に訳した。

 
“71年前那个万里无云的早上,死亡从天而降”,当奥巴马总统在广岛开始演讲时,在东京都,与英国BBC共处一室的翻译袖川裕美(59岁)却被不安所包裹。这次演说的主语是什么呢?基调该如何定呢?在演讲的17分钟间,她是在恍惚状态下做的翻译。
 
政府間の租税交渉、企業提携、来日芸術家の随行など通訳として20年あまり。著書『同時通訳はやめられない』で数々の修羅場を紹介した。
 
她从事翻译已有20多年,参与过政府间的租金交涉、企业合作,也做过来日艺术家的随行。在其著作《永无止休的同声翻译》中,介绍了诸多翻译面临的困境。
 
「下調べをして臨みますが、話すこと聞くことは本能的で瞬発的な営み」。例えるならスケートに近いという。3回転半ジャンプが決まる日もあれば、いきなり尻もちの日もある。
 
“虽然我做足了准备工作,但无论是说话还是倾听都是本能性的,瞬间的动作。”如果要打比方吧,我觉得与滑冰相近。既有做出了旋转三周半这一高难度动作的日子,也有突然一屁股坐在地上的日子。
 
訳の巧拙はときに外交をも混乱させる。古くは佐藤栄作首相の「善処します」。これを米政府が確約と受け止め、繊維摩擦がこじれた。日中間では田中角栄首相の「迷惑」が有名だ。中国語で「麻煩(マーファン)」と訳され、「戦争の謝罪になっていない」と中国側を怒らせた。軽すぎる言葉だと受けとられた。
 
翻译的好坏事关外交。以前,首相佐藤荣作说了这样一句话,“善処します”(妥善处理)。而美国政府认为日本方面接受了这一协议,由此双方在纺织品方面产生了一些摩擦。在日中方面,田中角荣首相那句“迷惑”非常有名。由于翻译成了汉语“麻煩(マーファン)”,所以中方表示了强烈愤怒,认为“这不是谢罪”。中方认为这个词太过轻佻。
 
ベテランでも冷や汗はかく。袖川さんが英訳に詰まったのは「蚊取り線香」。とっさに「蚊対策のための円」と説明し、指で渦をグルグルと描いた。モスキート・コイルという語を思い出したのは会談の後だった。
 
即便是老手,也有面临窘境的时刻,袖川在英语翻译中遇见的麻烦事是“蚊取り線香(蚊香)”。万般无奈之下,她只能解释说这是“对付蚊子用的圆圈”,并用手指不断画圈。“Mosquito Coil”这个词,也是她在会后才想起来的。
 
人工知能が様々な領域を脅かしつつあるが、「人類滅亡の日まで通訳の職は消えません」と袖川さん。なるほど価値観と世界観のぶつかり合いを機械が語感もふまえて適訳できる日は先の先だろう。通訳という営みの人間くささに少し安堵(あんど)した。
 
虽然人工智能在各方面对人类产生了威胁,但是“直至人类灭亡,翻译这个职位也不会消失”,袖川女士说。的确如此,机器能体会语感翻译出价值观和世界观冲突的日子还远未到来。从翻译这一活动中所包含的少许人情味让我感到安心。
weinxin
官方微信公众号
扫一扫关注官方微信公众号