高龄老人 重新定义

  • A+
所属分类:日语阅读

フライドチキンを世に知らしめたカーネル・サンダースは、65歳のころ一文無しだった。車掌、機関士、保険セールスなどどれも長続きせず、給油所は倒産、カフェは焼失した。65歳を過ぎて自慢のチキン調理法を教える商売を始め、 大当たりした 

 
将快餐推向全世界的桑德斯上校(Colonel Sanders)在其65岁的时候曾沦落为身无分文的穷光蛋。之前他干过列车乘务员、司炉和保险推销员等工作,可哪一项都干不长。加油站倒闭、咖啡馆一把火烧个精光。过了65岁之后,他开始了教授烹饪方法的新生意,并大获成功。 
 
「65歳までに手に入れたことを結集すれば新しいスタートが切れる」。90歳で亡くなるまで働き続けた彼の言葉だ。「さび付くよりすり切れる方がましだよ。じっとしていてさび付くより身を粉にしている方が好きなんだ」 
 
“若能够汇聚65岁之前的所学,就可以开辟一条新路”,这就是这位一直工作到90岁去世的成功者的语录。“与其让其生锈,不如常用常新更好。我喜欢不断地磨砺自己,而不喜欢一动不动听凭其生锈” 
 
65歳から74歳を「高齢者」から切り離して「准高齢者」と呼んではどうか――。医師や研究者らでつくる学会が提言した。いわく脳の働きや歩く速度、要介護の認定率などからみて、以前より健康な人が増えた。ゆえに「高齢者」の定義を見直すべきだという 
 
将65岁至74岁这一年龄段排除出“高龄者”的范畴,称之为“准高龄者”如何?据说,这是由医师、研究学者等知识阶层结成的学会提出的建议。即结合大脑运作、行走速度以及需要护理等认定几率进行分析,健康的人较之前有所增加。鉴于此,应该对“高龄者”重新进行定义。 
 
学会の発表資料に登場したのが『サザエさん』の父波平さん。いまの感覚では70歳ほどに見えるが、実は54歳という設定だった。漫画の連載が始まった昭和20年代の54歳はあんな雰囲気だったか。一昔前まで55歳が退職定年だったことを思い出す 
 
在学会公开的资料中登场的是《屜江先生》的父亲波平先生。按照现在的感觉看上去他已经有70岁了,其实,当时设定的是54岁。难道该漫画开始连载的昭和20(1945)年代,54岁就是如此状况吗?这让我想起了在并不久远的从前,55岁就是退休年龄了。 
 
心身の衰えるスピードは人により大きく異なる。誰もがカーネルおじさんのように最晩年まで働きたいわけではない。それでも60代半ばからの黄金の10年を「現役世代の続き」と位置づける発想にはうなずく人も多いだろう 
 
当然,身心的衰老速度人与人之间有很大差异,而且也非像上校先生似的,谁都想工作到晚年的最后阶段。即便如此,有设想却认为,可以将65岁之后的黄金10年放在“现役年龄段的后续”这个位置上。我相信对此设想首肯者一定不在少数。 
 
提言では65歳から上が准高齢者、75歳以上が高齢者、さらに90歳以上は超高齢者とされた。敬老の日も3通り必要になるのだろうか。 
 
建议认为将65岁以上设为准高龄者,75岁以上设为高龄者,进而将90岁以上设为超高龄者。不知道敬老日是否也有必要准备3套方案。
weinxin
官方微信公众号
扫一扫关注官方微信公众号