鱼鹰战机 重开飞行

  • A+
所属分类:日语阅读

青年画家と声楽家が、うそのスキャンダルを雑誌に書き立てられる。出版社を訴えようとするときに登場するのが、志村喬(たかし)演じる弁護士である。ところが彼は被告となる出版社から金銭を提供されて丸め込まれてしまう。

 
青年画家和声乐家因为虚假的丑闻而被登上了杂志。当他们意欲控诉出版社时,志村乔饰演的律师出场了。然而他却毫不客气地收下了被告出版社给予的金钱。
 
黒澤明監督の映画「醜聞(スキャンダル)」である。弁護士は法廷で、被告からにらまれるとしゅんとしてしまい、証人への質問に及び腰になる。弁護すべき人を弁護しない。にんまりするのは被告である。原告の画家はいらだつ。
 
上述情节是黑泽明导演的电影《丑闻》中的一幕。在法庭上,这位律师因为拿人手短,对证人的提问显得毫无底气。没有为该服务的人进行辩护。最后,被告喜笑颜开,而画家原告却是怒气冲冲。
 
映画の弁護士が日本政府にだぶってしまう。沖縄の痛みを代弁すべき役割をまたも放棄しているかに見えるからだ。沖縄県の海岸近くで米軍の輸送機オスプレイが落ちてから1週間足らず、同機種の飛行がきのう全面的に再開され、日本政府も容認した。
 
在日本政府的身上,我看到了电影中这位律师的影子。因为她再次放弃了为冲绳苦痛代言的职责。在美军鱼鹰运输机坠入冲绳县近海不足一周之际,昨天再次全面恢复同种机型的飞行,而日本政府对此采取了容忍的态度。
 
かねて構造上の問題があるのではと指摘があったオスプレイである。今回の事故に加え、別の1機が胴体着陸したことを考えれば、どうしても不安は増す。それでも政府は機体に問題はないとの米軍の説明を受け入れ、稲田朋美防衛相は「専門的知見に照らせば、合理性が認められる」と述べた。
 
曾经有人支出,鱼鹰运输机存在结构上的问题。除了本次事故,考虑到还有另外一架同型飞机机身着陆的情况,不安感极具增加。然而,政府接受了美军关于机体不存在问题的说明,防卫相稻田朋美说:“对照专门的知识,我认为这是合理的。”
 
輸送機を見上げる人びとの気持ちは考えなかったのだろうか。沖縄県の翁長雄志(おながたけし)知事は「法治国家ではない」とまで口にした。深刻になっている沖縄と本土との分断を、さらに深めようとしているかのような飛行再開である。
 
她或许没有考虑到人们仰望运输机时的心情吧。冲绳县知事翁长雄志甚至说:“日本不是法治国家。”日益严峻的冲绳与本土的隔阂,因为这次重启飞行再次加深。
 
ちなみに映画では弁護士は最後の最後で心を入れ替え、被告を糾弾した。日本政府の対応が変わる兆しは、いまのところ見えない。
 
顺便说一句,在电影中,这位律师在最后洗心革面,控告了被告。而日本政府的对应发生改变的征兆,却毫无踪影。
weinxin
官方微信公众号
扫一扫关注官方微信公众号