どじょうのなべ

  • A+
所属分类:日语阅读

 むかしむかし、きっちょむさんと言う、とんちの上手な人がいました。

 
 ある日の事、きっちょむさんは町のとうふ屋に行って、とうふを一丁買いました。
 その帰り道、たくさんのドジョウをつかまえた若者たちがドジョウをなべに入れて、これからドジョウ汁を作ろうとしているところに出会いました。
 なべの中をのぞいてみると、おいしそうなドジョウがたくさん泳いでいます。
(うまそうな、ドジョウだな。何とかして、あのドジョウを手に入れたいが。・・・そうだ!)
 名案を思いついたきっちょむさんは、若者たちに頼みました。
「すまんが、このとうふも、ついでに煮てもいいかな?」
「ああ、煮るぐらい、勝手にすればいい」
「それは、すまん事で」
 おしゃべりに夢中な若者たちは、きっちょむさんの悪だくみに気づきません。
 
 きっちょむさんがとうふを入れてしばらくすると、なべのお湯がどんどん熱くなってきました。
 するとドジョウたちは熱いお湯から逃れようと、きっちょむさんの入れた冷たいとうふに次々ともぐり込みました。
(よし、どんどん入れよ。・・・あと、一匹だ)
 きっちょむさんは、ドジョウが一匹残らずとうふにもぐり込んだのを見届けると、
「おおっ、そうじゃ! 急ぎの用を思い出したので、これで失礼する」
と、言って、とうふをひきあげると急いで家に帰っていきました。
 
 やがて、若者たちはおしゃべりを終えて、
「さあ、もうそろそろ、ドジョウが食べ頃になったはずじゃ」
と、なべの中をのぞきました。
 するとあれほどいたドジョウが、一匹もいません。
「これは、どうした事だ?」
 ドジョウが消えたので、若者たちは不思議でなりません。
「どうして、ドジョウが消えたのだ?
 なべに残っているのは、きっちょむさんの入れたとうふのかけらだけだ。
 ・・・ああっ! きっちょむさんにしてやられたわ!」
 きっちょむさんの悪だくみに気づいた時には、もう後の祭りでした。
weinxin
官方微信公众号
扫一扫关注官方微信公众号