警报声声 摄魄惊魂

救急車とも、パトカーとも違う。外国からの武力行使があった時に使われる特別のサイレンがある。政府のホームページで聞いてみると、どうにも落ち着かない嫌な音である。めったに鳴らないその警報が、秋田県・男鹿半...
阅读全文

候选之人 颇感意外

それは、きわめて歯切れのいい東京一極集中批判であった。東京が地方から、進学や就職で若者を吸い上げることが、日本の人口減少に拍車をかけているというのだ。元総務相で岩手県知事も務めた増田寛也(ひろや)さん...
阅读全文

石棺一词 已被删除

その巨大な建造物は「石棺(せっかん)」と呼ばれるようになった。30年前に事故を起こしたチェルノブイリ原発4号炉をコンクリートが覆う。燃料を取り出すことができずに封じ込めを図った。その言葉を、こんな形で...
阅读全文

富山议员 伪造票据

20世紀でもっとも悪賢い偽造小切手の使い手、ペテンのアーティスト、アカデミー賞級の詐欺師。男は当局やマスコミからそう評されていた。にせの小切手を使い、21歳になるまでに250万ドル(2億5500万円)...
阅读全文

阿苏火山 再次喷发

二十数年前、桜島の活動が比較的活発だったころの鹿児島市に赴任した。噴火による火山灰が、たびたび降り積もった。雪国育ちとしては積雪を思い起こしたが、すべてを白く包み込むような、あの美しさはなかった。 &...
阅读全文

物流便利 何以为继

明治期の小倉には「伝便(でんびん)」という走り使いの仕事があったそうだ。辻辻に立って手紙や荷物を運ぶのを請け負い、鈴を鳴らしながら届ける。静かな雪の夜は「伝便の鈴の音がちりん、ちりん、ちりんと急調に聞...
阅读全文

警报声声 摄魄惊魂

救急車とも、パトカーとも違う。外国からの武力行使があった時に使われる特別のサイレンがある。政府のホームページで聞いてみると、どうにも落ち着かない嫌な音である。めったに鳴らないその警報が、秋田県・男鹿半...
阅读全文

黑客攻击 规模巨大

核兵器が何者かに奪われるというのは、サスペンス映画には格好の題材だろう。1990年代の米国の作品「ピースメーカー」では、冷戦終結に伴い解体に回されるロシアの核弾頭が、輸送中に狙われる。黒覆面の男たちが...
阅读全文

史无前人 廿九连胜

科学技術に翻弄(ほんろう)されるのでなく、使いこなす。決して簡単なことではない。カナダの氷上で猟をするイヌイットは星や風、海流などの知識をもとに自在に移動してきた。しかし21世紀に入る頃から、人工衛星...
阅读全文

低头一族 罚款处理

ゾンビ映画の何が怖いかと言えば、人間の姿をしているのに人間らしい思考も感情もないことだ。うつろな目をして集団で動き回る。そんな姿を連想するからだろう、「歩きスマホ」は英語で「スマートフォン・ゾンビ」と...
阅读全文