日本作家-赤城 毅

  • A+
所属分类:日语阅读

赤城 毅(あかぎ つよし、1961年 - )は日本の小説家、軍事史研究者。本名は大木 毅(おおき たけし)。

東京都出身。立教大学文学部史学科卒業。同大学院文学研究科博士課程単位取得退学。専攻はドイツ近代史。ドイツ学術交流会奨学生として、ドイツのボン大学に留学。その後、日本学

術振興会特別研究員、千葉大学・横浜市立大学などの非常勤講師などを経て、1998年、京極夏彦の絶賛を受けて『魔大陸の鷹』で単行本デビュー。
現在は作家として活動する傍ら、研究を続けている。研究者としてはナチス・ドイツの政治外交史を研究している。
大学院生時代には翔企画の鈴木銀一郎が発行していたボード・シミュレーション・ゲーム専門誌『シミュレイター』にて『鉄十字の足跡』を執筆していたこともある(大木毅名義。イラス

トは小林源文)。ちなみに同誌で活動していた作家としては、他に佐藤大輔がいる。『鉄十字の足跡』は連載を中断したまま(「大木先生はドイツ留学中」という編集者の説明あり)、

『シミュレイター』誌は消滅した。
1990年代半ばには荒巻義雄の架空戦記『旭日の艦隊』で本編前史にあたる時期のヨーロッパ情勢を扱った外伝アンソロジー『旭日の艦隊 後世欧州戦史』シリーズ(全6巻)に「赤城毅」

名義で参加、シリーズ後半ではほぼ一冊の執筆を赤城個人が担当している。
代表作に『帝都探偵物語』『ノルマルク戦史』『紳士遊戯』などがある。作風としては軽妙な言い回しが特徴的で、様々なジャンルの作品を発表している。

weinxin
官方微信公众号
扫一扫关注官方微信公众号