第十九章:中国考古~司母戊鼎はどのように製造されたのか?

  • A+
所属分类:日语阅读

 1939年3月、中国中部の河南省安陽武官村の北にある田畑から、世界最大の青銅器「司母戊鼎」が出土されました。この司母戊鼎は重さ875キロ、高さ133センチ、長さ110センチ、幅78センチで、これほどにも巨大で四つ脚がついた四角の鼎を一体何に使っていたのか、また、どのように製造されたのか・・・。専門家はすでに「司母戊」三文字の意味から、司母戊鼎は祭祀の器であることがわかったということです。考証によると、司母戊鼎は商の国王祖庚がその母親の妣戊を祭るために使ったものです。専門家は、巨大青銅器の製造は鼎の柄、鼎の本体、鼎の脚部分をそれぞれ鋳造し、その後各部分を接合して作ったと推測していました。しかし、最近、専門家の分析研究によって、司母戊鼎は依然として伝統的な手法で製造されていることがわかりました。この手法は鋳造前に、まず陶土で外側をつくり、それから各部分を組み立てていきます。本体、上部、底部分などに分けられます。司母戊鼎の脚は、全体の鋳型と一体となっており、鋳造する時、大型の熔炉を鋳型の鼎脚の外側に置き、熔炉の中の青銅が熔けた後、銅を三つの流し込み口から徐々に鋳型の中に流し込みます。鼎の本体が鋳造された後、その上で鼎の柄部分を流し込んで鋳造します。こうして、巨大な司母戊鼎が完成したのです。

weinxin
官方微信公众号
扫一扫关注官方微信公众号