『論語』の微子篇-07

[白文]7.子路従而後、遇丈人以杖荷條、子路問曰、子見夫子乎、丈人曰、四体不勤、五穀不分、孰為夫子、植其杖而芸、子路拱而立、止子路宿、殺鷄為黍而食之、見其二子焉、明日子路行以告、子曰、隠者也、使子路反...
阅读全文

『論語』の子張篇-10

[白文]10.子夏曰、君子信而後労其民、未信則以為厲己也、信而後諌、未信則以為謗己也、   [書き下し文]子夏曰わく、君子、信ぜられて而して後にその民を労す。未だ信ぜられざれば則ち以て己を厲...
阅读全文

『論語』の子張篇-13

[白文]13.子夏曰、仕而優則学、学而優則仕、   [書き下し文]子夏曰わく、仕えて優なれば則ち学ぶ。学びて優なれば則ち仕う。   [口語訳]子夏が言った。『官吏として主君に仕えて...
阅读全文

『論語』の子張篇-21

[白文]21.子貢曰、君子之過也、如日月之蝕焉、過也人皆見之、更也人皆仰之、   [書き下し文]子貢曰わく、君子の過ちや、日月の蝕(しょく)するが如し。過つ(あやまつ)や人皆これを見る、更む...
阅读全文

『論語』の八イツ篇-09

[白文]9.子曰、夏礼吾能言之、杞不足徴也、殷礼吾能言之、宋不足徴也、文献不足故也、足則吾能徴之矣。 [書き下し文]子曰く、夏礼(かれい)は吾(われ)能く(よく)これを言えども、杞(き)は徴(しるし)...
阅读全文

『論語』の郷党篇-17

[白文]17.君命召、不俟駕行矣。   [書き下し文]君、命じて召せば、駕を俟たずして行く。   [口語訳]君主から招聘の命令を受ければ、馬車に駕籠をつける時間も待たずにすぐに歩き...
阅读全文

『論語』の郷党篇-18

[白文]18.入大廟、毎事問。   [書き下し文]大廟(たいびょう)に入り、事ごとに問う。   [口語訳]役人時代の先生が、魯の先祖の霊廟を参拝されたとき、お参りの方法を一つずつ(...
阅读全文

『論語』の憲問篇-41

[白文]41.子撃磬於衛、有荷簣(正しい漢字は「くさかんむり」)而過孔氏之門者、曰、有心哉撃磬乎、既而曰、鄙哉、脛脛(正しい漢字は「いしへん」)乎、莫己知也斯己而已矣、深則厲、浅則掲、子曰、果哉、末之...
阅读全文

『論語』の衛霊公篇-08

[白文]8.子曰、可与言而不与之言、失人、不可与言而与之言、失言、知者不失人、亦不失言、    [書き下し文]子曰く、与(とも)に言うべくしてこれと言わざれば、人を失う。与に言うべ...
阅读全文

『論語』の学而篇-05

[白文]5.子曰、道千乗之国、敬事而信、節用而愛人、使民以時。   [書き下し文]子曰く、千乗の国を導くには、事を敬んで(つつしんで)信あり(まことあり)、用を節して人を愛し、民を使うに時を...
阅读全文