犬島

  • A+
所属分类:日语阅读

閉ざされた鉄扉の向こうが精錬所だ

案内人が扉を開けるが
僕の足は止まったままだ
入れないのではない、入らないのだ
過去への拘りは僕だけだろうか
僕の心の中の精錬所は僕のものだ
僕の心の中の犬島は僕の心の中の犬島だ
僕の足は昔暮らした我が家に向う
 
近くの丘から見える煙突は昔のままだ
カラミ煉瓦の転がった地面がアートな地面に変わっても
僕の遊んだゴムのボールは心の中で空に向って跳ねている
女の子は女の子の遊びを楽しんだ
男の子は男の子の遊びを楽しんだ
楽しいものを作って遊んだものだ
 
石材工場の発破の最中でも
僕らは近くの丘で、竹で作った紙鉄砲の撃ち合いで夢中だった
お菓子の景品の野球選手カードは僕の宝物だ
ビー玉も色柄の違うそれぞれの宝物だ
 
学校が終って行く港近くの岩場では
じっとしている魚が見えた
その魚を釣るのがなかなか難しい
腹一杯の魚なのか、寝ている魚なのか
夜は夜で大人達がカーバイトの臭い匂いのランプを持って夜ぼりつりだ
 
思い出は島という離れた空間で別のものだろうか
波の中に消えていく思い出は
打ち寄せる波の繰り返しで甦る
 
僕は敷居の高かった我が家に入る
少年時代のままの我が家に
weinxin
官方微信公众号
扫一扫关注官方微信公众号