『論語』の衛霊公篇-19

  • A+
所属分类:日语阅读

[白文]19.子曰、君子病無能焉、不病人之不己知也、 

 
[書き下し文]子曰く、君子は能(のう)なきことを病う(うれう)。人の己れを知らざることを病えざるなり。 
 
[口語訳]先生が言われた。『君子は自分に能力がないことを心配する。しかし、他人が自分を知らないということを悩むことはない。』 
 
[解説]有徳の君子の必要条件として、『人の己を知らざるを憂えず』は『論語』で繰り返し語られているものである。
weinxin
官方微信公众号
扫一扫关注官方微信公众号